通勤電車より(ガラケーで毎朝チクチクと)。

もうすぐ40歳。慣れない携帯電話からの、主に通勤中のぐだぐだ日記です。広告会社に勤めていますが、新聞はとっていません。テレビもほとんど見ません。…なんて感じで書き出した日記も、書き続けてもう10年以上が経過しています。さすがに今ではガラケーではなく、スマホで書いてます。

ようやく週の真ん中だ。な日記

そういえば週末の試合のtotoを買うのを忘れていた。
3月までとあまりにも会社生活のリズム感が違うからなのか、今までは日常としてやっていたことを、うっかり忘れてしまう…なんてことがたまにある。
いつもより少し遅めの湘南新宿ラインは若者でいっぱいだ。座っている僕の前のつり革にはカジュアルな服装の女の子二人。
高3位かな〜?でもこの時間で私服で電車だから18歳大学生位かな?
割りと真面目な部類に入りそうな二人だ。
『幸せってなんだと思う?』
恐ろしく重そうな話題だがが、二人は彼氏の話をしながら盛り上がっている。
一人はこの4月から付き合っているらしく、幸せは絶頂期そうだ。
『でも最近なんだかいるのが当たり前みたいになってきちゃったの〜』
贅沢な悩みをニコニコ話している。
もう一人はお蕎麦屋さんでバイトしているらしい。
そこの客にずーっと声をかけられていて、この前グループで潮干狩りに行ったらしい。
『22歳って聞いてたのに〜なんと27歳バツイチだったの〜』
でも今の彼氏とはあまりうまくいってないらしい。

そこで出たのが冒頭の『幸せって…』ていう言葉だ。




いやいや、少なくとも平日の中間管理職よりは何倍も幸せな時間を過ごしていると思うよ。

心の中で、そう呟いてみた。